基礎知識

「味方全体」と「参戦者」の違いとサポアビの発動条件について解説!

このページでは

  • アビリティの「味方全体」と「参戦者」の違い
  • サポアビの発動条件

これらについてまとめておきます。

ここを理解しておかないと、効果が半減してしまうのでしっかり理解しておきましょう。

アビリティの「味方全体」と「参戦者」の違い

アビリティの効果範囲には「味方全体」「参戦者」があります。

  • 味方全体
    →自分のフロントメンバー4名
  • 参戦者
    →参戦している全プレイヤーのフロントメンバー4名

例えばメディクやソング・オブ・グランデなどは、対象が味方全体なので自分のフロントメンバー4名にしか効果がありません。


一方でヒールオールやファランクスなどは、対象が参戦者なので同じマルチバトルに参加している他の参戦者のフロントメンバー4名にも効果があります。


このように「味方全体」と「参戦者」は全く異なるものです。

ちなみによく間違えやすいのが、セージのゼニスアビリティである「キュアーフェン」。

弱体効果を1つ回復しバリア効果をもたらしてくれますが、対象者は味方全体なので注意が必要です。

マルチバトルに弱体効果の回復アビリティを持って行くのなら「クリアオール」を持っていきましょう。

スポンサーリンク

サポアビの発動条件

サポアビはキャラ自身が有しているので、キャラの配置場所(フロントかサブか)によって効果が発動されるかが決まってきます。

基本的には、そのサポアビを持つキャラがフロントにいる際効果が発動されます。



一方で「パーティ」の記載があるものは、そのキャラがフロントだけでなくサブにいる場合でも発動します。

例を挙げると、SSR水シャルロッテの「正義の使徒」、アーサーの「優しき騎士」などが該当します。


同じ効果のサポアビの場合、最も効果の高いサポアビが優先されます。

あとは「パーティ」が適用されているのは、キャラ同士のシナジー効果がある場合です。

SSR闇ヴィーラのサポアビ「お姉様お姉様お姉様」はシナジーの対象キャラであるカタリナが、フロントにいてもサブにいてもヴィーラが強化されます。

ちなみに優秀なサポアビとして有名なエッセルの「魔弾の射手」

こちらは特にパーティの表記はありませんが、アイテムドロップ率UPの効果はエッセルをサブに配置していても発動されると前プロデューサーが明言されています。

グラブログの記事一覧はこちら


グラブログの全記事をカテゴリー別にまとめました。



>>グラブログの記事一覧はこちら



Twitterではバトルの攻略法や編成例などを発信していますφ(・ω・ )

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。