【ClassⅣ】エリュシオン登場!特徴とリミットアビリティまとめ

3周年アップデートの第二弾でスーパースターの上位職であるエリュシオンが新たに追加されました。

管理人は最初、エリシュオンと覚えていたのですが、エリュシオンが正しい名称でした(。-ω-)。

カタカナ弱い……。

ClassⅣのジョブの取得方法はこちらをどうぞ。

さっそく称号を得るために老婆戦へ。

手持ちの琴は少ないのですが、以前九界琴を闇にしてそのまま倉庫に保管していたので、久しぶりに引っ張り出して闇属性で挑んできました。

こういう時に武器種を複数所有しておくことの大事さが身にしみますね(´;ω;`)

ジータの連続攻撃率を上げてひたすら攻撃。

キュアポーションを2つ使ってなんとかギリギリ倒せました(´;ω;`)

称号「究竟の吟遊詩人」を獲得。

JPと吟遊詩人の証は事前に集めておいたので、

そのまま一気に取得!


いやいや、可愛すぎでしょ(´・ω・`)

ちなみに英雄エリュシオンはこんなお方。


エリュシオンの特徴

エリュシオンの主要アビリティであるコンクルージョンは従来のオーヴァチュアⅡの効果に加え、自属性攻撃UPが付いています。

効果量は楽器装備時に20%UP。

サポートアビリティ
・ミステリオーソ
オーバードライブ時の敵からの被ダメージ減少
味方全体に弱点属性の敵に対しての弱体成功率UP
・アパッショナート
ソング・オブ・グランデのダブルアタック確率UP
コンクルージョン使用時、参戦者の数に応じて味方全体の攻防UP

レベルMAX時のLvアップボーナス
・防御力+18%
・弱体耐性+20%

マスターボーナス
・オーバードライブ時の敵からの被ダメージ減少+1%
・回復力+1%

マスターボーナスに関しては、そこまで優先度は高くありませんが、エリュシオンの真価はリミットアビリティにあります。

スポンサーリンク

エリュシオンのリミットアビリティ

リミットアビリティはジョブレベルをMAXにすることで取得できるようになります。

ソング・トゥ・ザ・デッドは敵全体の防御DOWN/自属性耐性DOWNという徹底的に敵の防御力を下げるアビリティです。

前者は両面枠で15%DOWN、後者は属性枠で20%DOWN。

このアビリティ1つで敵の防御力を35%DOWNさせることが出来るので、下限の50%まで届かせるための選択肢が増えました。

解放の歌声は味方全体に死の祝福/活性効果を与えます。

死の祝福は毒・灼熱・腐敗などのスリップダメージを回復に変換するというもの。

結構限られた場面での使用となるので優先度は低めかと。

コール・オブ・アビスはハーピスト系の代名詞とも言える連続攻撃確率UPで、楽器装備時にDA80%UP、TA30%UPという破格の性能です。

デメリットとして奥義ゲージ上昇量が35%ほどDOWNしますが、連続攻撃確率が高いのでそこまで気になりません。

まとめ

ハーピスト系の最大の強みは味方全体の弱体成功率UPと、連続攻撃確率を大幅に上昇させてくれることです。

他にもエリュシオンは味方全体の攻撃力UP、敵の防御DOWNなどの役割もこなしてくれます。

個人的に通常攻撃である程度の火力が出せる方であれば「コール・オブ・アビス」と「ソング・オブ・グランデ」を交互に使用して、常に連続攻撃確率をアップさせて殴りまくるという運用方法も面白いと思います。

 

ジョブをさらに強化するために、リミットボーナスのおすすめの強化項目をまとめました!

スポンサーリンク








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。